ルクルーゼのお鍋 お手入れ 注意点

ルクルーゼのお鍋のお手入れの仕方と注意点

ルクルーゼのお鍋がいくら耐久性に優れていても
完璧のお鍋ではなく注意する点がいくつかあります。



ルクルーゼのお鍋で調理する際には、ホーローを保持し末長く使うためにも、
金属製のツールを使うことは避けてください。

ホーローを保持するため、空焚きや強火で長時間調理することは止めてください。
ルクルーゼは弱火でも十分他の調理器具の強火に相当します。


ナイフなど先のとがったもので表面をこすることは
ホーローを傷める場合がありますので避けてください。

ホーローの光沢を持続させ、さびの発生を防ぐため、
洗ったらすぐに拭くようにしてください。
特にフチの部分には気をつけてください。

取っ手の部分が熱くなることがありますので、取っ手を持つときは
確認して鍋つかみや布きんなどをご使用ください。


ルクルーゼの焦げ付き対処法

ルクルーゼのお鍋がもし焦げ付いてしまったら
水かお湯を張ってしばらく置いておけばペロンとはがれますが
汚れがひどい場合はしばらく置いた後、スポンジと中性洗剤で洗ってください。

特にひどい漕げつきには、水を張って重曹を小さじ1杯程度加え、
弱火で煮立ててしばらく置いた後、スポンジと中性洗剤で洗ってください。


ルクルーゼのお鍋は、キチンとお手入れさえしていれば
子供さんやお孫さんの代まで使えます。

良いものは大切に
その気持ちがあればお料理も美味しくできます。

ルクルーゼのなかで一番愛されているココットロンド
余熱調理もOKの経済的なお鍋
ルクルーゼ ココットロンド

ルクルーゼレシピ本

ル・クルーゼで料理(1(15分でつくる編))

「ル・クルーゼ」で、おいしい和食

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。